下肢関係

大阪へ②

スポンサードリンク

大阪旅行その②
追記です。

肝心なことを書き忘れていました。
息子が歩けるかどうか?
歩けるならどれくらい歩けるのか?

聞いてみました。

ここ大阪の整形外科ではL5の麻痺は車椅子必要なく歩けるそうです(≧∇≦)ノ
(成長期に急激に太らないように注意が必要とのことですが)

息子の足は外側の筋肉が効いていて、内側の筋肉は弱いので歩くときは内股になるけれど、
普通の人は普段使わない筋肉があり(筋肉の名前忘れました(-_-;))、
その筋肉を使うと二分脊椎の人でも内股にならず歩けるそうです。

ここの整形外科では装具屋さんと理学療法士さんの連携がとても取れていて、すごく自信があるんだと感じました。

次回は長下肢装具を作ってからもう一度行きたいです。

image

ゆっくり観光なんてできる余裕はなかったけど、帰りの新幹線で551の豚まんを買いました\(^o^)/
生地がもっちもちですごく美味しかった♪
入っていた箱が消防車型の箱で息子も喜んでました(笑)

image

スポンサードリンク

大阪へ②” への2件のフィードバック

  1. 足の感覚について、教えて頂きありがとうございました。部分的に感覚があったり鈍かったり・・。同じⅬ5でも人によって様々なんでしょうね。
    何より息子さん、褥瘡でなかったみたいで良かったですね。

    夕菜さんの東洋医学のことや、小児はりの記を見て、私もいろいろ調べてみて中国針が良さそうだと思い先日横浜まで行ってきました。そこは、赤ちゃんにはやったことがないらしくて針は打たなかったのですが、お灸や腎臓や膀胱に効くツボを教えてもらいました。お灸はもぐさを三角に固めて、火をつけて半分くらい燃えたら取るそうです。
    背中の髄膜溜の所にやるのも良いそうで、ここは効きそうな気がしました。
    でも、最近寝返りまではいかないけれど、体を動かすのでやるのはなかなか大変です。
    でも、家で出来ることをいろいろ教えてもらって良かったです。
    今週はまた別の所に行くつもりで予約しています。地方に住んでいるので、良いかなと思われるところは都会なので行くのも大変です。
    でも、夕菜さんも大阪に行かれたり、息子さんの為に頑張られているので私も頑張ろうと思います。

    1. 鍼灸行ったんですね(^-^)/
      腎臓や膀胱にうまく効くといいですね。
      うちの小児はりも手術跡にお灸の煙だけを当てる感じでやっています。
      じんわり効いてくると言われているので、期待せずのんびり通っています(笑)
      最近は息子の足の内反がひどいので小児整体も気になっています。

      整体や鍼灸なんか色々あって迷うけど、
      やっぱり私たち母親が良いと直感で思った所がこどもにも良いみたいですよ。
      (値段なども含めて良心的なところとか、こどもに優しい感じだとか)
      親は大変だけど、絶対我が子にも気持ちは伝わっていると思います(*´∀`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA