下肢関係

足の知覚について

スポンサードリンク

前回の褥創騒ぎですが、お恥ずかしながら褥創でも水ぶくれでもなかったみたいで、すぐに治りました(/ω\*)

そしてそのあと、ハイハイで移動中に擦ったのか小さな傷ができていてびっくりしたのですが、
これも一週間ぐらいで治りました(  ̄▽ ̄)

今はこんな感じ↓↓

image

装具を作ってから足のケアに敏感になりすぎていたようです。
確かに息子は足の感覚が弱いところがありますが、傷の治りもそんなに遅くなかったのでそこまで神経質にならなくてもいいのかなと思いました。

ただよく言われるのが、小さい頃は親が見てあげれるけど、大きくなると自分では気づきにくいから重症化してしまうということ。
息子が大きくなった頃なんて想像もできないけど、足のケアはちゃんと教えなくてはと思います。

そして、二分脊椎の部位によってどこまで知覚があるのか、一応手元に資料があるので載せます。

image

上手く撮れなくてすみません。
一番濃い青色がL5です。

うちの息子はL5なので、ちょうど足の裏側(お尻から下)は麻痺しているということになります。
表側は足の人差し指まで知覚があるので、これを知らない頃は普通に全部感覚があると思っていました(^_^;)

実際はこの図通りではなく、部分的に麻痺していることもあるようです。
(息子の場合、L4も少し麻痺があるし、L5も残っている神経があるとのことでした)

奥が深すぎて素人には難しいです┐(‘~`;)┌

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA