脳神経関係進路・発達関係

水頭症の影響

スポンサードリンク

息子は私のお腹の中にいるとき、脳室の大きさを指摘されて転院になりました。
脳室の髄液が溜まり水頭症になっていました。

二分脊椎を伴わない水頭症もあり、その原因は様々で通常は頭の大きさが大きくなるようですが、
息子はずっと「頭が小さい」と言われてきていました。

頭が小さいことがそんなに変なことなのか?当時は意味が分からなかったのですが、
今になって思えば、二分脊椎症特有のレモンサインという、頭がレモンの形をしていたのでしょう。

産まれたばかりの息子のエコーでは脳室は大きくなっていないと言われ、大きさもそんなに大きくないと言われていましたが、
一週間後、少し大きくなっているようでした。

まだ様子を見ることもできますがどうしますか?
と医師に聞かれました。
シャントは絶対に絶対に入れたくなかった。
二分脊椎でもシャント入れていない子もいるって聞いて、絶対自分の子もいれないで欲しかった。

けれど、脳。
脳味噌です。

私の自分勝手なエゴで、息子の大事な大事な脳味噌をそのままにしておくことはできなかった。
手遅れにならないうちに、、、

両手の拳をギュウっと握りしめて、ツラい決断をしました。
苦しかったです。
嫌だったです。
悲しかったし、怖かった。

お母さんになったんだからもう泣かないって決めたのに、やっぱり涙が溢れました。
小児科の先生が慰めてくれたけど、それでもやっぱり辛かった。

生後1週間でシャント手術。
その後、幸運にもシャント不全は一度も起きていません。

ただ、脳を扱っているので、これからの息子の知能も心配です。

水頭症の影響で発達障害が出る可能性もあると思います。

気になっていることは、まだ人真似をしないこと。
私のことは「ま」とたまに言ってくれますが、息子の名前を呼んでも振り向いてくれない時もあるし、
「ちょうだい」と手を差し出しても理解していない。

半年後、小児科で発達検査をしてくれるようですが、
やっぱり水頭症の影響があるのかなって心配。

足はどうにか動くけど、知能的な問題があったら普通の学校へは通えなくなる。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA